制作のこと

久々に、と言ったら色々と語弊がありそうですが、

ほんとうに久々に、銅版画の制作を再開しております。

長い長い、トンネルと、ぼんやりとした季節とを過ぎた先には

やっぱりいつもの場所たちが何にも変わらない姿でわたしを待っていてくれました。

リハビリがてら、ちまちまとしたちいさい作品をつくりながら

改めて今の自分と向き合って過ごしております。

十数年、染み付いたものはほんとうになかなか拭う事ができないけれども

今の自分のいるところやものの考え方、日々の事が客観的に観れる

瞑想に近しいものが、ものをつくるということなのではないでしょうか。

ちっぽけな世界が、祈りや、思考や、ひらめきや、夢のなかや、わたしの生きる事の一部でもあると思っております。

絶え間ない自分とのおしゃべりと、日々の記憶を刻むように。