おもたせに

おまかせでと、ご注文頂きましたので

開けてびっくりな人体カップケーキをおとぎの国のような

素敵な場所へ納品して参りました◎

自分のあたまの中に不確かで存在しているものが、自分の手からつくられていって

目の前に存在する事と、それらがひとを動かしたり、繋げたり、わたしを遠くへ連れて行ってくれたりと、

理解できないとつっぱねられたり、意味が無いと言われるものにだって無限に価値はあると思う。

だからわたしは日々考える事も、感覚を働かす事も、手を動かす事も、うっすらとした夢を観ることも、やめない。