きっちゃてん


写真 2015-05-23 16 59 22.jpg

銅版画や作品とは関係のない個人的な趣味の話ですが、

(そもそもこのこっそりブログ、ほぼひとりごとのようなものなのですが)

街に出たときに張っているアンテナのひとつに

「いいかんじのきっちゃてん」というものがあるのです。

シャレ乙なカフェとか、そういうのでなくって

珈琲チケットがあって、昔っからあって、煙草の煙が少々もくもく、

地元のおじさまおばさまが通うような、お店の雰囲気も重厚で

そして素敵なマスターが居て珈琲美味しく、居心地よければ百点満点◎

最近そこらへんを歩いていても、きっちゃてんセンサーが経験を積んで

ふとした時に発見出来たりもするようになりました。

きのうも街の賑やかさに疲れて、ふらふらと街を背に歩いていったところで

偶然なんとも素敵な店構えのきっちゃてんを見つけました。

入り口には手書きで「しばらくの間、5時までの営業とさせていただきます」

とのメモ。時計を観ても17時5分前…ううむ。

一瞬駄目かなと思って通りすぎたけれども

やっぱり気になって引き返して入店しました。

素敵なおじいさんが、ひとりで切り盛りされているなんとも素敵な空間で

閉店間際にすみません、と言って珈琲を頼んだら

にっこりと ゆっくり飲んでいってくださいね と一言。

出してくださったコーヒーもサイフォン式で、素敵な空間にもうそれはそれは

うっとりとしました。

ご好意にべったり甘えるわけにもいかず、そそくさと珈琲を飲んでお店を後にしましたが

今度はゆっくり行こうと思います。

ちなみにその場所でとっても不思議なことが起こりました。

世の中にはなんとも不思議なことがたくさんあるのだなと

改めて思い知らされる一日でした。